宇崎恵吾のThe Million Writingは役に立つのか

The Million Writing

満島です。

ここ数年デスクワークで座りっぱなしが当たり前だったのですが、とうとう腰にキた感じがあり不安を感じています…。

 

さて、今回は『The Million Writing』という商材について取り上げます。
この商材が怪しいものではないのか不安で検索し、このブログにたどり着いた方が多いと思います。
是非最後までご覧ください。

The Million Writingってなに?

執筆はコピーライター宇崎恵吾、販売者は株式会社イーブックジャパン。
コピーライティングスキルの上昇ノウハウ教材です。

 

教材内容
序章 新時代のコピーライティング
第一章 成約の原則
第二章 人間心理の原則
第三章 成約率を決定付ける2つの前提要因
第四章 コピーライティング

PDFで198ページ。

価格は3,980円(税込)、返金保証がついています。

返金保証

内容に満足しなかった場合、購入日より365日以内であれば全額返金が可能です。

 

特定商取引法に基づく表示

販売事業者名 株式会社イーブックジャパン
販売責任者 佐藤潤
所在地 東京都新宿区新宿6-20-5
スカイコート新宿1番館1201
電話番号 080-1354-9150
メールアドレス [email protected]
販売URL http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

株式会社イーブックジャパンってどんな会社?

2015年よりも以前に設立した会社のようです。

番号法施行日(2015年10月5日)前から存在する法人は番号法施行日前の変更履歴情報は公表されず、2015年10月5日に設立という表記に統一されています。

ホームページはないようで、代表者のオフィシャルブログが検索上部に表示されました。

オフィシャルブログに記載の会社住所は、『埼玉県志木市幸町1丁目6番58号』となっておりますがこちらから二度所在地変更しており、現在は新宿のようです。

事業内容の記載はありませんでした。

法人番号:1030001072704

 

会社住所

この建物の12階にあります。

他に販売している商材

Million writing [Grammar]~文法とコピーライティング~

SEO Writing

Copyrighting Affiliate Program

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

宇崎恵吾ってどんな人?

執筆者についても調べてみました。

宇崎恵吾は偽名で、他にも尾島幸仁・宮本拓也・本條勇冶という名前で活動しています。(「黒きカリスマ」「闇の帝王」の異名あり)
本名は本庄祐也です。
株式会社ユーチャングッド代表。(インフォゼロというサイトを運営)
元ホストの経歴もあるようです。

2013年には約4億円の所得を隠し、1.3億円脱税したとして起訴されています。

掲示板も存在し、現在も書き込みは続いており相当な人数に恨まれているようです。

 

本庄祐也にはがいて名前は本庄知也です。
弟は副業.comの経営者。(最近は販売していない様子)

兄弟そろって何とも…(;><)

株式会社イーブックジャパンのSNS

ブログ⇒http://ebook-japan.com/

Youtube⇒なし

Facebook⇒なし?

twitter⇒なし?

同名の有名な某本屋がありますので検索に引っ掛からなかったのかもしれません…。

宇崎恵吾のSNS

ブログ⇒https://copyrighting-supremeprinciple.net/

Youtube⇒なし

Facebook⇒なし

twitter⇒https://twitter.com/uzakikeigo

The Million Writingの口コミ・レビュー・評判

スタートからたくさんの金額を稼げる副業はないと断言できます。それなりの金額を稼ぐことが目標なら、難なく実践できてめいめいにピッタリくるものを見つける必要があります。

出典:https://workhard.site/archives/615

どうして大ボリュームのThe Million Writingをたったの3980円で
宇崎恵吾氏は販売するのかと言うと、

「Copyriting Affiliate Program」
というバックエンド商品があるからなんです。

要するに、The Million Writingをお得に売ることで、集客をし、
本来の目的は、「Copyriting Affiliate Program」を売ることなんですね。

そのCopyriting Affiliate Programですが、
宇崎さんの無制限スカイプコンサルやメールコンサル、
宇崎さんの師匠である5億円を稼ぐ師匠の直接指導などがあって、
その価格は、98000円と、The Million Writingの販売価格を
大きく上回るものとなっています。

出典:https://xn--9ckkn6505btlou54c.com/intermediate/the-million-writing/

1週間で作ったサイトが年間1億円以上稼ぐ。

そんなキャッチコピーで始まりますが、
可能と言えば可能でしょう。

しかし、これは宇崎さんの師匠だったからできた話で
昨日今日業界に入った人間が、
いきなり稼げるわけありません。
あくまでも、その人だからできた話ということで
誇大広告ではないものの、
即効性や再現性には大きく欠けます。

出典:http://hayasakahiroki.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

まとめ

3980円と低価格で、全額返金保証付きのため購入者は多いようですが、「The Million Writing」は初心者には理解することが難しく、中級・上級者向けの内容です。

教材の内容自体は、コピーライティングの基礎から、読者目線でどういった文章が興味・関心を引き出すかなど詳細に記載しており良質なもののようですが、初心者が読んでも吸収できる情報は少ないでしょう。

「1週間で作ったサイトが年間1億円以上稼ぐ」というのは、いくらこの教材を読んだところで再現するのは到底無理な話だと思いませんか?

「The Million Writing」を読めば、コンサルを受けたい!という気持ちになり、バックエンド商品である「Copyriting Affiliate Program」に手を出し、98000円を払ってしまう可能性があります。
私のように感化されやすい人は要注意!

上で取り上げたように宇崎恵吾(本名:本庄祐也)は他にもいくつもの偽名で活動し、現在でも多くの人間から恨まれている人ですのでわざわざ関わらないほうが身のためだと思います。

まずはセールスレターやアフィリエイトの基礎を身に着け、ある程度経験を積んだのちに、別の教材を検討したほうがいいのではないでしょうか。

 

このブログでは皆様が損しないよう、ちょっとした情報を更新していければなと思っております。

本日もご閲覧ありがとうございました!
満島