T・F・Bテキスト 菅原大志 について考察しました

T・F・Bテキスト
T・F・Bテキスト

満島です。

昨日のニュースでは、スーパーの駐車場で老人が車の操作を誤り、複数人が事故に巻き込まれたという内容をやっていました。
やっぱり車に自動ブレーキ機能って必要なんだなと思っていたところで、今日は自動ブレーキ機能がうまく作動しなかったのが原因で整備会社の社長がひかれて意識不明の重体というニュース…。

ちょうど今月から新型車の場合は、自動ブレーキは義務化となりましたがまだまだ車の事故は耐えそうにないですね…😔

 

さて今回は『T・F・Bテキスト』という商材について取り上げます。
この商材が怪しいものではないのか不安で検索し、このブログにたどり着いた方が多いと思います。
是非最後までご覧ください。

特定商取引法に基づく表示

販売者名 菅原大志
住所 群馬県前橋市西片貝町3丁目156番地 サンパレス西片貝C 3号室
電話番号 08060382757
メールアドレス [email protected]
販売URL https://youtsukaizen.com/tfbt-letter/
お支払い方法 クレジットカード決済・銀行振込・コンビニ決済
販売価格 14,800円 (税込)
商品代金以外の
必要金額
手数料はご購入者様の負担となります。
クレジットカード決済/1,470円・銀行振込/899円・コンビニ決済/1,364円

支払手数料が客負担というのは珍しいですね、なかなか高くてマイナスイメージ…😞

T・F・Bテキストってなに?

菅原大志が販売している通販で定期購入したものをメルカリで販売するノウハウです。

プログラム
~基礎編~
~画像作成編~
~売れる商品概要欄作成~
~売れた商品リスト~
特典
梱包・発送を安くするコツ
わずか10秒でできる「購入」を勝ち取った一工夫
売れる商品の探し方
90日間LINEサポート

価格は14,800円(税込)

返金保証はありません。

 

19歳で死を覚悟?

セールスレターは

食費は1日216円(税込)
1か月お茶漬け生活
死を覚悟した、19歳。
2020年、春。

と始まるのですが、読み進めていくと販売者は関東に進学して1年の専門学生。
一人暮らしで進学もしている学生身分が死を覚悟というのは少し🤔?となってしまいました。

聞けば両親は飲食店勤務のためコロナ禍により給料が激減し自己破産寸前。仕送りももらえなかったとのこと。

飲食店であれば国の手厚い補償や雇用調整助成金の対象なのでは…?

専門学生の場合年に150万円ほどの出費のため、ある程度の貯蓄があるものでは。それが1年で自己破産寸前まで…?と多少疑問が残りました。

kindleで無料で読める!?

調べたところ、なんと同様の書籍がヒットしました。

著者はこの商材の販売者と同一です。

内容の違いについては

プログラム
~基礎編~
~画像作成編~
~売れる商品概要欄作成~
~売れた商品リスト~
特典
梱包・発送を安くするコツ
わずか10秒でできる「購入」を勝ち取った一工夫
売れる商品の探し方
仕入れ外注化マニュアル
コメント対応マニュアル

サポートはなしで赤字の2つが追加されています。

kindle unlimited会員であれば無料、会員でない場合は375円で購入することが可能です。

気になる評価の方ですが、2件しかついておらずレビューに関しては1件のみ。

amazonレビュー
amazonレビュー

無料で読めるのにこの1件だけとは悲しいですね…。

 

菅原大志ってどんな人?

2021年現在、20歳。

秋田県出身。群馬在住、医療関係の専門学生です。

 

住所

群馬県前橋市西片貝町3丁目156番地 サンパレス西片貝C 3号室

他に販売している商材

ありませんでした。

菅原大志のSNS

Youtube⇒なし?

Facebook⇒https://www.facebook.com/profile.php?id=100010552815801

Twitter⇒なし?

菅原大志の著書

こちらもkindle unlimited会員であれば無料で読むことができます。

評価は一切ついていませんでした。

 

まとめ

定期購入コースに申し込み、フリマアプリで販売する手法そのものに関しては悪くないかと思います。

事実、私も母に頼まれ、定期購入しかできない化粧品を代わりにメルカリで購入することがあるのですが、数カ月に1回程度の購入でも大概同じ出品者です。
説明文には使い切れず~など、そういった文章はなく、いつ届いたものか、など簡単な内容のみで、評価も数千件ついていました。
特に深く考えていませんでしたがそもそもが転売目的なんでしょうね。

ただ実践する際に気を付けるべきことは、定期購入=クレジットカードでの購入でしょうから販売者のような崖っぷちの状態での挑戦は極めて危険と思われる点です。
クレジットカードで購入し、翌月の支払日までに売れず、貯金もなければ商品代を支払うことができません。支払えない期間が続けば電話や郵便で催促、最悪クレジットカード強制解約という可能性も0ではないことを覚えておきましょう。

また、定期購入というのは大抵解約手続きが面倒なものです。
電話をする必要があったり、配達の〇日前までに申請がなかった場合は翌々月の解約などの条件は付きものですので契約ごとにそれぞれ管理が必要です。

売れない商品と判断し、すぐに解約したい場合でも申請日が遅く翌月分が届いてしまうという可能性はあるでしょう。

この定期購入転売に興味がある方はまず、kindle版を読むだけに留めたほうがよいですね。
商材についてくる90日間のサポートは個別サポートではありますが、今売れる商品はどれか、などの 核心的なことには答えてくれないでしょう。この手法の場合、メルカリ経験者であればその核心部分以外で特に聞きたいことは出てこないのでは、と思います。

 

このブログでは皆様が損しないよう、ちょっとした情報を更新していければなと思っております。

本日もご閲覧ありがとうございました!
満島