アメプレスPro 株式会社アイピリカっていいの?

アメプレスPro

満島です。

最近毎日8時間は寝ているのですが、たまに疲れがとりきれません。枕はオーダーメイドのものを使用しているので不満はないのですが(1万円くらいで作れるのでお勧めです!)布団を代えたほうがいいんでしょうかね~。

そんなことより本題ですね。
今回は『アメプレスPro』という商材について取り上げます。

この商材が怪しいものではないのか不安で検索しこのブログにたどり着いた方が多いと思います。
是非最後までご覧ください。

アメプレスProってなに?

株式会社アイピリカが販売する集客ツールです。
Instagram、twitter、facebook、youtubeで自動で集客を行ってくれます。
wordpressに投稿すると連動機能でブログ(facebook、アメブロなど)が更新されます。

ちなみにProとついてますが、旧バージョンのアメプレスも存在します。
Proではインスタグラム集客とメルマガ配信機能が加わりました。
※2016年にproにバージョンアップ

7日間無料、月額料金は2,980円(税込)です。
新型コロナ支援として、ソフト本体+ライセンス発行費用3,000円は今だけ0円とのこと。

特定商取引法に基づく表示

販売社名 株式会社アイピリカ
運営責任者 松原康利
住所 沖縄県那覇市泊2丁目1-18 T&C泊ビル4F
電話番号 050-3572-6708
メールアドレス [email protected]
URL https://amepress.net/

どんな会社?

2012年に設立した会社で主な事業内容はインターネットコンテンツの販売、社会通信教育事業などのようです。

ホームページでは本社所在地が東京都府中市となっていました。
国税庁のホームページでは沖縄県の住所となっているので、ホームページは更新されていないようです。
法人番号:6012401022731

SNS

Youtube⇒なし

Facebook⇒なし

twitter⇒なし

インターネット集客ツールですが、このソフト自体の集客に力はいれていないようです。

アメプレスProの口コミ・レビュー・評判

好評の声

初めて買って使った時にはびっくりしたのですが、アメプレスはアメーバブログとWordPressで集客してる人の為のツールではなく、
ワードプレス・フェイスブック・ブログ、ツイッター、インスタグラム・メルマガと連動させる事ができますので、これはアメプレスというネーミングでなくても、インターネット総合集客ツールなんじゃないの?という位色んなツールが一式パッケージングされてるツールなんじゃないかと思う程のツールで、私はとても重宝しています。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14231215044

不評の声

ただこのアメプレスの一番大きなデメリットとしては、全ての操作を自動的にタイマーをかけて動かす事ができず、1つの動作をするごとに終わったらツールが止まる製品です。

全自動では無く、切替等は自分でクリックしたりタップしたりして、アメブロツールアメプレスを切り替えていかないといけません。

出典:https://xn--n9j6fdet7q9c3hp022aoj6a.com/affiliate-tool/amepress/amepressdekasegu/

現時点で完全なミラーサイト対策が行われているかも知れませんが、いつペナルティを受けるか分かりません。

同様に「自動いいね」など自動化ツールの使用はサービス提供元が嫌う傾向があります。

今のところペナルティは受けていないようですが、同様のツールが普及すると提供元(アメブロなど)に対策され、ブログの削除・アカウント凍結などの措置を取られる可能性があります。

出典:https://money-diary.net/amepresspro/

 

まとめ

自動でいいねがつくとありますが、フォロワーが増えるわけではありませんので、ページを見られているうちに所詮見せかけと気づかれます。有名人でもない人のツイートに無駄にいいねがついてると、ん?と逆に怪しく思いますよね。
また、それらのSNS運営側は自動いいねを嫌います。目をつけられたくなければやめておきましょう。

アメブロに関しては、2020年4月時点で「Ameba Pick」内商品だけをアフィリエイトの対象としています。つまり、それ以外のアフィリエイトは禁止です。そのためアメプレスProは今後ミラー対策を行われ使用できなくなり、またアカウントがペナルティを受ける可能性もあります。

そのため、アメプレスProを使用するのはおすすめできません。

 

このページをご覧になったあなたを踏み止まらせることができたのなら幸いです。
このブログでは皆様が損しないよう、ちょっとした情報を更新していければなと思っております。

本日もご閲覧ありがとうございました!
満島